過去ログ

良かった材料・道具


プラバン着色こぼれ話

今週はアクリジョンに行きつくまでに色々試してみた着色方法についてです。
私が作っているものの都合上、透明着色オンリーになりますので予めご了承をー。
あと超長いです。
■ステイズオン(縮めた後に着色→縮める前に着色に変更)

(リンク先:amazon)
----------
タイプ:溶剤系染料
混色:△できないことはないが細かい調整はムリ
色落ち:○ふつう
ニス:△水性ニスのみ
備考:スタンプ用インクなのでスタンプやステンシルには最適
----------
まずは今使っているものを見直そう、ということで一度派手に失敗してから避けていた縮める前着色を試してみました。
ステイズオンに限界を感じた理由の一つとして、ニスを塗る時の色落ちがあるのですが、縮める前に着色すれば、しっかり定着する分、色落ちしにくくなるのではないかな、と思ったためです。
あと、以前の失敗は色ムラができてしまったり色が濃すぎたりというのが原因でしたが、今はダウバーがあるのでムラなく薄めに着色できるのでは、と。
で、結果としては正解でした。
ステイズオン着色
ムラなく薄めに着色でき、ニスでの色落ち問題も解決しました。(写真の上側が縮める前、下側が縮めた後)
とはいえ問題はこれだけでもないので、ステイズオンは一旦置いて別の物を試していくことに。
■NRクリアカラー

(リンク先:amazon)
----------
タイプ:(油性?)顔料
混色:○CMY+オレンジで自由自在
色落ち:×ティッシュでふくだけで9割以上落ちてしまう
ニス:◎MR.スーパークリアOK
備考:色の濃淡はつけにくい
----------
レジンの着色に使っている着色料です。
NRクリアカラー着色
爪楊枝の先にNRクリアカラーを取り、ダウバーに直接ちょんちょんとつけてまんべんなくトントンしたのが写真の上側、縮めたのが下側になります。
これ以上濃くも薄くもできないのが難点ですが、染めたようなキレイなな色づきです。

さらに変色しにくい顔料タイプで、混色も自由自在、発色も良く、溶剤系のニスも使える、と良いトコづくめなのですが……本採用しなかったのは、ティッシュで軽くふくだけでほとんど色が落ちてしまうためです。
ただ、もともとレジンに混ぜ込んで使う塗料を全然違う使い方をしている私の方が悪いわけで。
プラバンに弾かれなかっただけで御の字です。
何はともあれ、リボンのように曲げるものを作るとなると、どうしても手でこすれて色落ちする恐れがあるのでボツにしました。
不思議なことにニスを塗る時には溶け出してこないので、縮めた後に曲げたりせず、すぐにコーティングしてしまうのであればアリだと思います。
とはいえ、トータルでは使いづらいのでプラバン着色のためにわざわざこれを買うのはおススメしませんが。

ちなみにアクリジョンクリアに混ぜて着色してみたのですが、あまり相性がよろしくないようです。
お互いに少量ずつ混ぜる分には平気なのですが、一定量以上のアクリジョンにNRクリアカラーを落とすと、アクリジョン内にカラーが飛び散ったような感じのダマができてしてしまい、うまく混ざらなくなります。
■コピック

(リンク先:amazon)
----------
タイプ:油性(アルコール系)染料
混色:◎混色可能でもとの色数も豊富
色落ち:○ふつう
ニス:△水性ニスのみ
備考:ダウバーでトントンすると色を薄くできる
----------
家になぜか数本だけあるコピックを試してみました。
(買ってから多分10年は経っていると思うのですが問題なく使えました。すごい。)
コピックはプラバンに直接描けるのですが、面を塗ろうとするとマーカー特有の筆跡が残りやすいです。
この筆跡をどうにかできないかな、とダウバーで伸ばしてみた所、おもしろい結果になりました。

コピック1
まずバババと大雑把に塗ります。
乾く前に何もつけてないダウバーで上からトントンすると、ムラなく全体に延ばせます。
コピック2
さらにトントンし続けるとダウバーがインクを吸い取って色がどんどん薄くなっていきます。
これともっと薄くしたものを縮めるとこうなります。
コピック3
1色でここまで濃淡のバリエーションをつけることができます。 この特色を活かすと、グラデーションをかけるのはもちろん、CGの水彩塗りっぽい感じとか、色々な表現ができるんじゃないでしょうか。
ペンタイプのダウバーを使えば、細かい塗り分けにも対応できますし。

あとコピックの良い所は一般的な画材ということで手に入りやすく、とにかく色数が多い所です。
うすめ液もありますし、詰め替えインクを買って混色もできてしまいますし、手軽さと表現力の多彩さという点では最強ではないでしょうか。
もうこれでいいんでないの?と思いきや唯一の欠点が深刻です。

コピックは変色しやすい染料系です……orz
色によってマチマチなものの、紫外線にはかなり弱いそうで、変色例を見るにレジン着色剤のピュアカラーと似た感じなのかな、と思います。
となると、日常使用でもかなり短期間での変色のおそれあり、です。
もちろんUVランプは鬼門。
ステイズオンのガナッシュみたいに熱で変色するものもありそうです。
その上ニスが水性のみに限られるため、耐久性には大いに難点があります。

ただステイズオンでも試したアクリジョンクリアを塗った上にMR.スーパークリアという技が本当に有効なら、この弱点はある程度克服できます。
MR.スーパークリア(UVカット)の防御力はすでにレジンで実験して疑いようがないのですが、アクリジョンで封じ込めた下地(ステイズオンやコピック)とMR.スーパークリアが長期的にもケンカしないか、がネックなのですよね……。
半年経つとベタベタしてきます、とかだとガッカリですし。
また放置実験してみますかねー。
■プロッキー

(リンク先:amazon)
----------
タイプ:水性顔料
混色:△できないことはないが細かい調整はムリ
色落ち:○ふつう
ニス:◎MR.スーパークリアOK
備考:メインで使うのは難しいが、時々遊びで使うのは楽しいかも
----------
ポスカと同じく三菱から出ているマーカーです。
ポスカのインクが不透明系なのに対して、プロッキーのインクは透明系です。
ニオイのしない水性インクでありながらプラバンに描ける、そして顔料系、とここまで試してきた塗料の弱点は良い感じにクリアしています。
にもかかわらず本採用にならなかったのは、混色に難があるためです。

ポスカの場合はペンがバルブ式(ペン先を押し込むとインクが出てくる仕組み)なのでインクを取り出すこともできるのですが、プロッキーはインクが綿に染み込んでいる状態なので取り出すことができません。
プロッキーインク
ということでインクの状態で混色するのはムリ。
詰め替え可能なので、綿自体は取り出せるのですけどね。(……取り出した綿を半分に切って別の色とくっつけるとか魔改造するのはできるかも??)

可能な混色方法はいくつかあって、一番簡単なのは重ね塗りです。
1色で塗ったら、インクが乾かないうちに混ぜたい色で重ね塗りします。
かなりインクがムラになるので、化粧パフなどでトントンして均一にします。
これは単色の場合でも有効です。
縮める前。
プロッキー1
まん中の4つは両端の黄色と水色を混色して作った緑です。
フチに色が濃く残りがちで、完全に均一にという訳にはいきません。
縮めた後。
プロッキー2
かなり濃い色になります。

もう一つはパフの方に色をつけてトントンする方法。
まずパフに直接プロッキーで重ね塗りします。
次に軽く湿らせたティッシュにパフを軽く押しつけます。(これで色が混ざる)
パフでプラバンにトントン着色します。
縮める前。
プロッキー3
今回も水色と黄色で緑色を作っています。
縮めた後。
プロッキー4
縮める前にバッチい感じだったものの方が色が薄付きでキレイ。
色は均一に混ざらないし、ムラにもなるし、細かい色の調整もできないしでダメダメではあるのですが、この感じ、何か結構好きです。
自然物をモチーフにする時にこういう着色をすると映えるんじゃないでしょうか。
植物のみずみずしい感じとか蝶の羽の鱗粉っぽさとかをを表現するのには良さそうです。

ちなみにプロッキーはサリッとした擦りガラス調の仕上がりになります。
透明感は残りますし、コーティングでツルツルにできるのであまり問題はありませんが、一応。
どちらかというと問題は、混色するとペン先が汚れてもとの色に戻るのに時間がかかることだったりします。
そんなこんなで色々試した結果、自分にとって今一番いい装備がアクリジョン、という感じです。
染料系+アクリジョンクリア+MR.スーパークリアUVカットの放置実験の結果次第では、半年後には「コピックこそプラバン着色において至高 」とか書いているかもしれませんが……。


[PR]

リボン用新カラーサンプル

1回お休みいただいてしまいすみませんでした。
何をやっていたかというと、プラバンの着色方法の見直しです。
今までプラバンへの着色はステイズオン一択だったわけですが、難がないわけではなく……。
筆ムラなしで透明着色ができるという長所がある反面、色が自由にならないとか色落ちしやすいとか短所も大きくて、緑のリボンがニスで色ムラになって全滅したのを機に根本的に着色を見直すことにしたのです。
その試行錯誤を語ると長くなるので、結果からいきます。
新しい着色方法でのリボン用カラーサンプルです。
新リボンカラーサンプル
とりあえず販売予定だった6色+オレンジ。
ステイズオン版(リボン)と比較しながら細かく見ていきます。

白黒比較
黒と白はパッと見違いがないように見えますが、完全にムラのない不透明色にチェンジしました。
素材がプラバンなので透明感はありますが、基本的に背後は透けません。
簡単に言えば、より黒らしく、より白らしくなった感じです。

赤比較
一番変化が大きいのは赤です。
ステイズオンだとシックな感じの暗い赤だったのが、ツヤツヤイチゴレッドという感じの明るい赤になります。
同じような色にすることもできるのですが、季節的に明るい方が気分かな、と。

黄色比較
黄色は少し色味が濃くなりました。
ステイズオン版はニスを塗った時に色が少し落ちているので、本来はこのくらいの色味なのですけどね……。

オレンジ比較
オレンジはリクエストもあったし、自分も好きな色なので追加してみました。
以前、試しに作ったものと並べてみましたが、同じくらいの色味ですね。
ここまでの5色は買ってきた色をそのまま塗っています。

紫緑比較
緑と紫は自分で調色してステイズオン版に近い色を作っています。
肉眼だとまだ少し色がずれているので、もう少しいじって色を近づける予定です。
で、新しい着色方法ですが、塗料をアクリジョンというものに変更しました。
ステイズオンの短所の大部分は克服できたと思います。
これについて語るとひたすら地味で長ーい話になるので、別記事で。
アクリジョンでプラバンに着色してみる
気になる方はそちらもお読みください。
プラバンやってる方にとっては結構おもしろいと思います。


アクリジョンでプラバンに着色してみる

今週は2つ記事を書いてますので、もう一つの方もご覧ください。
リボン用新カラーサンプル
こちらはプラバンに着色する新しい塗料としてアクリジョンをご紹介する記事になります。
技術的なことに興味がない方はもう一つの方だけ読めば十分だと思います。
ステイズオンでの着色に限界を感じ、良い所はそのままに、弱点だけ克服するうまい方法がないかなーと探すこと2週間。
最初の1週間くらいは手持ちのペンやらインクやらで試行錯誤しました。
結局、手持ちのだと完全解決できるものはなかったのですが、表現方法としては面白いものもあったので、この辺はまた別の機会にでも……。

で、色々調べて最終的に行きついたのがアクリジョンです。
アクリジョン
アクリジョンは2013年12月に発売されたばかりの水性塗料です。
発売元は本ブログでも一押しのUVカットニス、Mr.スーパークリアー UVカットと同じGSIクレオス。
ここの会社の水性塗料はすでに水性ホビーカラーというものがありますが、アクリジョンは水性でありながら溶剤系塗料のMr.カラーに近い性能を目指した全く別の物、だそうです。
プラモデルやフィギュアの塗装に使うには使い勝手の違いなんかもあって色々と議論されている状態なようですが、プラバンに使うにはかなりいいんじゃないでしょうか。
■シンナー臭がしない
塗料につきもののあのニオイがありません。
絵の具っぽいニオイはしますが、ほぼ気になりません。
普通の溶剤系塗料がマスク着用&窓全開でも苦しいレベル、ステイズオンがクリーナー込みで長時間使うには窓が開いていないと辛いレベルの自分の体感では、アクリジョンは家のどこかで換気扇が回っていれば全然平気な感じです。
同社の製品と比較して有機溶剤が8割カットされていて、危険物表記も外れているくらいなので、実際かなり安全な塗料のようです。
なおクリーナーは性質上、結構臭います。
■乾燥前なら水で落とせる
筆を水で洗えてしまいます。
速乾性なのであまり放っておくのはダメですが、クリーナーのお世話になる回数を減らせるのは良いことです。
また専用のうすめ液もありますが、水で薄めることもできます。
■色について
顔料系なので変色はほぼ気にしなくて良さそうです。
色展開は不透明色がメインですがクリアカラーもあるので透明着色が可能。
またアクリジョン同士は混色できます。
といっても、今の所シアン・マゼンタ・イエローの原色が出ていないので少し難しいです。
基本、クリア系の赤・黄・青・橙の混色でどうにかして、薄くしたい場合はクリアを混ぜる感じ。
アクリジョン色テスト
難しいなりに融通は利きますが、シアンから調色した方が早い水色系、マゼンタから調色した方が早いピンク系で思った通りの色を作るのは大変そうです。
各色のCMY値が分かればもう少し狙いやすいんでしょうが……。
なお、不透明色を作りたい場合もクリア系で調色後、白か黒を混ぜた方が良いと思います。
不透明色同士で混色すると彩度が下がりがちなので。
■塗膜が強い
乾燥後はプラに密着してほぼ完全に色落ちしなくなります。
公式ではMr.カラーと同レベルで、うすめ液の影響も受けないということなので相当です。
ネイルリムーバか何かをぶちまけない限り、日常使用では色落ちとは無縁かと。
とはいえ、引っかきキズはそれなりにつくのでコーティングはした方がいいです。
■重ね塗りの自由度が高い
完全乾燥が前提ですが、重ね塗りの自由度はかなり高いです。
ステイズオンもそうですが、通常の塗料は重ね塗りすると中に含まれる溶剤が下地を溶かしてしまう、ということが起こりがちなので重ねる組み合わせや順番には制約があります。
その点、アクリジョンは他の塗料を侵食しにくく、他の塗料からの侵食も受けにくいので、制約があまりありません。
アクリジョン同士で重ねるのはもちろん、溶剤系の上に重ねる、上に溶剤系を重ねるなどが可能です。
■コーティングにMr.スーパークリアーが使える
↑の延長で、ステイズオンでは溶けてデロデロになってしまったMr.スーパークリアーでコーティングすることができます。
いつも使っているウルトラバーニッシュスーパークリアは下地との相性を気にしなくていい反面、どうしても柔らかくて厚ぼったいコーティングになってしまうのが難点でして。
どのみちプラに塗料が乗っかっているだけなので引っかき系の傷に対して無敵ということはないのですが。
それでも日常使用のアクセサリを作るのなら、より強いコーティングができるMr.スーパークリアーを選びたい所。

さらにちょっと思いつきでやってみたのですが、ステイズオン→アクリジョン(クリア)→Mr.スーパークリアーという重ね方が可能でした。
つまり通常だと溶ける塗料にも、アクリジョンを挟むことでMr.スーパークリアーが使える可能性が出てきました。
アクリジョンはスタンプには向かないので、ステイズオンも使い勝手が向上するならまだまだ出番はあるのです。
長期的にOKかは少し様子を見た方が良いですが、これがアリなら色んな塗料の難点を克服できていいですよねー。
染料系の塗料なんかもUVカットさえしてあげれば大分変色を抑えられますし。
■筆ムラ(筆跡)と縮める前後の変化について
ダウバーを使えばムラなく色を入れられますが、表面がザラッとした擦りガラス調になります。
ダウバー着色
フチの所がザラッとした感じになっているのが分かるでしょうか?
エアブラシでも同じようです。
筆塗りだと表面はツルツルですが、無造作に塗ると筆ムラになりやすいです。
また、水で薄めると筆ムラになりやすいようです。
さらに筆ムラは縮めることでさらに目立つようになります。
また塗料が多いと縮めた後にガジガジになっていまいます。
失敗例
写真の左の方は縮めて塗料がガジガジに、右の方は縮めて筆ムラが倍目立つようになった状態です。

以上をまとめるとプラバンに使う場合は、
塗り:縮めた後に筆で。原液のまま塗るか、専用のうすめ液を使って気を付けて塗る。
線・模様:縮める前後どちらでもいいが、縮める前は薄めて塗料が乗り過ぎないようにする。
ということになりそうです。

ちなみにアクリジョンを薄めるのには水と専用のうすめ液が使えるのですが、薄めた時の性質が違うようです。
水の場合は薄めると同時に乾燥が早くなり、専用のうすめ液は薄めると同時に乾燥を遅らせる効果があるそうです。
乾燥が早い方が筆ムラになりやすいので、筆ムラを防ぎたいなら専用のうすめ液の方がおススメ、だそうです。

私自身は、原液のままでもかなり頑張ればイケるかな、という印象を受けました。
少なくともウルトラバーニッシュスーパークリアをレジンにムラなく薄塗りしようとする無茶と比べたら遥かに簡単だと思います。
多分うまい人なら問題なく原液のまま使えると思います。
そんな感じで、とってもおススメです、アクリジョン。
ある程度売れないと生産終了になってしまうそうので、気になる方はぜひ。
1色180円なのでかなり試しやすいと思います。
クリーナーやうすめ液も本腰入れて使うぞって決意してから買い足せばいいですし。


レジンフレーム試作など

前回作ったプラバンフレームの原型と型をリファインしてレジンを流してみました。
レジンフレーム
うーん……何というか、もっさり……?
白で作ってしまったので視覚効果で余計に膨れて見えるんでしょうが、もう少し繊細な感じが欲しい所。
あとレジンが硬化する際に、どうも凹部分に熱が集中するようで、おゆまる型はやめた方が良さそうです。
1回目にして少し形が崩れてきています。
粘土で作ったタルトは縮んだおかげでシュッとしてイイ感じなんですけどねぇ。
素材比較
原型とレジン複製と粘土タルトを並べるとこのくらい違いがあります……って、あー、……うん。
これレジンじゃなくて粘土で作れば良いんですよね。
そうすれば型1個でガンガン量産できますし、熱で崩れる心配もないですし。
(何でレジンでやったるぜ!って思ってしまったんだろう……???)
まぁ、他にも手直ししたい部分があるのでフレームに関しては引き続き色々試してみる予定です。
そんなわけで今回はサブでやった実験の方が収穫ありな感じです。
まず銀紙効果の比較実験。
銀紙効果
どちらもフレームは白、まん中は緑の同じレジンを使っていますが、左は銀紙を敷いてから緑のレジンを注いでいます。
改めて並べて比較をしてみると、全然違いますね。
ちなみに使ったのはダイソーのホイル折り紙です。
金銀だけでなく、色付きのホイル紙も入っていて、ちょうど淡いグリーンのが入っていたのでそれにしてみました。
色の効果がどれだけあるかは分からないですけど。
もう1個はNRクリアカラーで不透明色を作る実験。
不透明色テスト
まん中の茶色(というかビーフジャーキーっぽい)部分は、NRクリアカラーで作った茶色とピカエースの白を混ぜて色を作っています。
顔料同士なので多分ケンカしないだろうと予想してやってみましたが、この方法はありっぽいです。
混ぜている時も変な感じはなかったですし、硬化もちゃんとしてますし。
一応「NRカラー」という同シリーズの不透明色もあるらしいのですが、使い切る自信がないので、できれば買わずに済ませたい……!
あと本題とは関係ないんですが。
今回からお試し的に画像にマークを入れてみました。
こういうのって面倒くさいし抵抗があったんですが、抑止力としては必要だなー、と実感したもので(-ω-;)
古い画像とスマホもどうにかしないと……。


プラバンフレーム続き(+寄り道スイーツ)

前に実験していたプラバンのフレーム、何となーくですがコツが分かってきました。
と同時に、数を作るのはちょっと大変ということも分かってきまして……。
路線変更して、1個だけプラバンで原型を作って型取りしてレジンで作ることにしました。
原型とテスト型
とりあえず今週はテスト型を作った所まで。
原型アップ
今回はパーツとして加工する際のことを考えて、2枚重ねて背をつけました。
背とフレームは同じ形にカットしてフレームの方だけまん中を抜くのですが、同じ形にカットしたつもりでも縮めると結構ズレます。
そして削ったり埋めたりしてズレをなくすのに割と手間がかかります。
この手間さえなければ別に型取りにしなくても良かったんですけどねぇ……。
フェイクタルト
まぁ、こんな風にタルト的なものを作るのにも使えるので、労力をかける価値はあったと思います。
全然関係ないですが、このタルトもどき、セリアのチョコの香りのソースとデビカのナッツの香りのジェルを使ったので、偽物ながら素晴らしく甘い香りがします。
おかげで深夜に自分で自分に飯テロを仕掛けるという間抜けな事態に陥っています。
あー、何かお菓子食べたい。
それはさておき、フレームづくりのコツですがー。
多少歪んでもOKな形にするというのが一番のコツかもしれません。
プラバンの場合、どうしても縮める際に縦横比は変わりますし、微妙に歪みますから。
カッチリした形を作りたい場合は縮めないタイプのプラ板や他の素材を使った方がいいでしょう。

具体的なコツとしては、まずフレームの太さ。
細すぎると縮める時にグジャッとなって丸まってしまいます。
縮める前の段階で5mm以上の太さはあった方がいいです。

それとカットする際の配置も気を付けた方がいいです。
プラバンの縦と横で収縮率が低い方に長い辺がくるように配置します。
反対にしてしまうと、これまた縮める時にグジャッとなりやすいようです。

果たしてこのノウハウに需要があるのかは分からないですが、こんな感じです。
JUGEMテーマ:フェイクスイーツ