過去ログ

良かった材料・道具


いい感じのマーブルアイスを狙って作る

えー、引きこもって粘土アイス作ってました。
リボンソースのアイス
こういうリボンソースが入ったようなマーブルアイスが好きなんですけど、手持ちの本に載っているやり方だと、そもそもこういう感じにならなかったり、なっても結果が安定しなかったりでですね。
狙っていい感じの模様が出せるように色々試してました。
本当の目的はもう少し先にあって、まだうまくいってないんですが、これ以上ネタを寝かせておくと書くの面倒くさくなりそうなので適当な所で記事にしておきます(-ω-;)
まずはリアルだとどうなってるんだろ??ってことで、アイス屋さんでマーブル系のアイスのバケツをじとーっと観察してきたんですけど。
あれってバケツに入ってる時点でキレイな模様になってるんですよね。

↑のカップアイスが大きくなったような感じの。(画像のリンク先:Amazon)
で、その模様の上からアイスクリームディッシャーですくうと、いい感じの模様が入ったアイスになると。
なら粘土でも同じことをやれば良いのではー?という流れでできたのがこのやり方。
使いたい色の粘土を伸ばして重ねて棒状にします。
マーブルの素
断面がこんな地層状になるように。
太さは成型に使う計量スプーンと同じくらいが目安。
アイスのバケツを計量スプーンひとすくい分まで超小型化するイメージです。
アイス化1
適量ちぎったら計量スプーンにつめて丸くします。
アイス化2
スプーンを外すとこんな感じ。
アイス化3
ペタンコすぎてカッコ悪いので、はみ出し部分から粘土を寄せ上げして形を整えます。
アイス化4
割れすぎている部分は馴染ませ、全体にアイスっぽいひび割れや毛羽立った感じの質感をつけていきます。
これは針でランダムに切れ込みをいっぱい入れた所。
アイス化5
切れ込みに歯ブラシの毛先をねじ込むようにすると、こういう毛羽立った感じになります。
アイス化6
全体の質感と形が整ったら完成。
これが少し乾いて色がハッキリしたのが冒頭の画像です。
乾いて縮む過程で凹凸が落ち着いていくので、質感はやや大げさにしておいた方がいいみたいですね。
なお、最初の棒状の粘土を作る時に粘土の厚みや重ねる順番を変えることで、模様の配分や大体の出る位置をコントロールできます。
ラベンダー&バニラアイス
例えばこの3つはラベンダーの中央付近にバニラが一筋入っている粘土棒から作ったもの。
金太郎飴と同じ要領なので、色々試すと楽しいと思います。
ラテアートっぽい模様を入れたりとか。

ちなみに使った粘土は、ソース部分がすけるくんで、バニラやラベンダー部分はハーティ・モデナ・すけるくん・マーメイドの混合です。
ちょっと残りになっている色々な粘土を使い切りたくて全部混ぜてしまいました(^▽^;)
けど、この配合、割と好きかもしれません。
いつもはハーティのようなパサパサ系の粘土だけで作るのですが、透明系の粘土が入ったおかげで氷菓子っぽい透明感とクリームっぽい滑らかさが加わった感じがします。
あと意外に良かったのが、すけるくんのひび割れ。
普段は悲しみしか生まないひび割れですが、アイスの場合は好都合。
「ふはは。好きなだけひび割れるがいい、すけるくんよ。」
みたいな珍しい心境になれます。

そんな感じで、今回はここまで。
JUGEMテーマ:フェイクスイーツ


[PR]

準備中のリボン新色

Twitterでチラッとつぶやいた通り、リボンピアス&イヤリングの新色を準備中です。
梅雨が明けて、ニス塗りたいけど雨……(´・ω・`) ということがなくなったので8月上旬にはminneに登録できるはず。
リボン新色
今回はスタンダードな配色で「水玉×ブラック」と「しましま×レッド」です。
赤はいつも通りクリア色で、透けるのと白の配分が多めなのとで、派手目の配色な割にどぎつさは感じないです。
黒の方は不透明色です。
こちらに関しては髪色が黒だと色が馴染み過ぎて見えなくなるので、耳を出す髪型の時に着けるのをおススメします。
いやー、それにしても不透明色は塗ってて楽しいですね。
多少の色ムラがあっても層を重ねるうちに見えなくなってくれるので、気分的にすごく楽。
対してクリア系は色ムラが層を重ねても隠れにくいので神経使います。
透明好きなので、仕上がった時の満足感はすごいですけど。
赤パーツ
着色が終わった赤パーツを眺めてニヤニヤしてます。
ちなみに使った塗料はラベンダーやオレンジと同じくアクリジョンです。
アクリジョン
クリア系でツルンとしたキレイな着色ができるので、すっかりお気に入りです。
ニオイが気にならないので夜作業できますし。
これで早めにアクリジョン版の色の源(CMY純色)が出てくれれば言うことないんですけども。


つぶつぶ水滴リング

なんだかまた間が空いてしまいましたが、こんなの(とリボン)作ってました。
つぶつぶ水滴リング
つぶつぶ水滴リング裏
着用イメージ
水滴をつなげたような……というか実際にレジン滴をつなげて作ったリングです。
指輪ってレジンで作ろうとすると型の複雑さやサイズの兼ね合いで結構ハードルが高いですが、これは型を使わないので簡単に作れます。
まず用意するのはリング芯。
リング芯
クリアファイルを切ったものを丸めて円柱状にします。
ただし、クリアファイルだけだと歪になってしまうので、厚紙でボビン状の中芯を作ってそこに巻きつけます。
リング芯上
ちょっと手間ですが、上から見るとこんな感じで比較的キレイな円になります。
(中芯は作りたいリングのサイズで作りましょう。)
このリング芯ができたら後はもう簡単です。
作り方
芯の上にUVレジンを1滴垂らしたら、水滴の形が崩れないうちに素早くUVランプで固めます。
あとはこの垂らす&固めるをひたすら繰り返してリングを作るだけ!
ハートガイド
ちなみに中央のハートのような雫には、クリアファイルをパンチで抜いたものをガイドに使っています。
このハート型の水滴だけいっぱい繋いでもカワイイと思います。

水滴が全部繋がって輪ができたら、芯から外します。
このままだと薄くて強度的に問題があるので、輪の内側にもレジンを垂らして厚みを出します。
内側も一通り補強が済んだら完成です。
とにかく短い待ち時間が連続するので、ダラダラとテレビを見ながらやるのがおススメです。
根気さえあればこんな幅広リングもできます。
つぶつぶ幅広リング
着用イメージ2
置いてあると謎の物体Xですが指に着けるとおもしろい感じになります。

と、簡単にちょっとおもしろいリングが作れるわけですが、問題もありまして。
UVランプに当てる時間がトータルでかなり長くなるので、レジンが少し黄色っぽくなってしまいます。
ハート部分のように着色してある箇所は気にならないのですが、透明な部分は色の変化が分かりやすいです。
変色に関しては使うレジンの種類や環境に大きく左右されるので絶対起きる(or起きない)とは言えないのですが。
気になる場合は、ごくごく薄くブルー系で(もちろん顔料系で)着色しておくと良いと思います。


ソフトレジンで巻きバラ

前回のプラペーパーの巻きバラ、どうにかアクセサリにできないかと頭をひねっていて思い付いた実験です。

ソフトレジンを薄ーく伸ばして硬化させれば紙みたいに巻けるんでないの??

で。
結論から言ってしまうとアリでした。
まだまだ改善の余地はあるものの、なかなか良いです。
ただ写真写りが悪くてですねー(-ω-;)
普段の3倍くらいの枚数撮った中で比較的目で見た姿に近いのがコレです。
ソフトレジンの巻きバラ
透明な素材で作った立体物を撮るのって難しいですね……。
作り方はこんな感じ。
クリアフォルダに型紙を挟んで、型紙を参考にしながらレジンを薄く乗せていきます。
巻きバラ硬化前
今回は黄緑→黄色→ピンクの3色グラデーションです。
全部乗せ終わったらUVライトに1分くらい当てて硬化させます。
固まったレジンをクリアフォルダからペリッとはがして、渦巻きの線にそってハサミで切ります。
巻きバラ巻く前
後はこのにょろ〜んとした帯状になったものを外側からくるくると巻いていくだけ。

だけなんですが、紙とは少し勝手が違います。
紙だときっちり巻いて少し手を緩めるとシュルシュルっと巻きが緩んでバラっぽくなってくれるんですが、ソフトレジンはビニールっぽい質感なので、なかなかうまい具合に緩んでくれません。
なので、最初からバラっぽい形に巻いていく必要があります。
具体的には、少し巻くごとに透明なUVレジンを接着剤として塗って固める、というのを繰り返していく感じになります。
ちなみに強度は申し分なしです。
ソフトレジンを巻いただけだとフニャッとした感じですが、普通の(ソフトタイプでない)UVレジンを薄く塗るとガチっと固くなります。
それと、このソフトレジンを薄く固めるやり方は色々使えそうな気がします。
プラバンの厚みがネックで保留になっている花リボンなんかはソフトレジンでやった方がうまくいきそうですし。


プラペーパーのバラ

お久しぶりです。
毎年6月はどうにもグンニョリしてしまってダメです……。
本読みまくってゲームやりまくって、ようやく元気になりました。
元気になったら実験!実験!ということでーー
プラ巻きバラ
こんなの作ってみました。
紙を渦巻きに切ったものを巻いて作るタイプのバラなんですが、今回は紙ではなくプラペーパーを使っています。
プラペーパーはその名の通り、紙みたいなプラスチックシートです。
(画像のリンク先:Amazon)

今回は一般的な紙と同じくらいの厚さ(0.1mm)のものを使ったので、本当に紙とあまり変わらない感覚で作業できました。
ハサミをスーッとすべらせて切れるくらいです。
タミヤ製のものだと、厚紙と同じくらい(0.2mm)のものと、0.05mmのものもあるようです。
ちなみにプラペーパーは縮みません。
着色に関しては、同じく縮まない白いプラバンと同じと考えて良さそうです。
プラ巻きバラアップ
今回は色鉛筆で花びらの根元の部分から、薄いグリーン、クリームイエロー、薄ピンク、ピンクのグラデーションにしてみました。
ストロークが花びらのスジっぽく見えるおかげもあって、巻いただけにしては割とそれっぽく見えます。

ちなみに下書きを鉛筆やシャープペンシルでやるのはあまりおススメしません。
一応、消しゴムで消すことはできるものの、やたらと消しゴムのカスがまとわりつくのが厄介です。
プラ巻きバラアップ2
かなり薄書きにしないと線が残ってしまいますし。
ならどうするんだってことで、自分も困ってるんですが(-ω-;)
着色に使う色と同じものを使うか……あとは自然に消えるチャコペンとかどうでしょうね??
それよりさらに困ったのは強度。
シューズクリップにでもしようかと考えていたんですが、「プラ」と聞いて期待するほどの頑丈さはありません。
さすがに同じ厚さの紙よりは頑丈なものの、それでも手で裂くことができてしまいます。
アクセサリとして使うならコーティングで強度を足さないと厳しいレベルです。
そしてどうせコーティングするなら普通の紙で作るんでも良いよね??という……orz
0.2mmの方を使ってみるか、紙で作るか、それとも他の素材を試してみるかで迷い中です。