最近の記事

過去ログ

良かった材料・道具


リボン用新カラーサンプル

1回お休みいただいてしまいすみませんでした。
何をやっていたかというと、プラバンの着色方法の見直しです。
今までプラバンへの着色はステイズオン一択だったわけですが、難がないわけではなく……。
筆ムラなしで透明着色ができるという長所がある反面、色が自由にならないとか色落ちしやすいとか短所も大きくて、緑のリボンがニスで色ムラになって全滅したのを機に根本的に着色を見直すことにしたのです。
その試行錯誤を語ると長くなるので、結果からいきます。
新しい着色方法でのリボン用カラーサンプルです。
新リボンカラーサンプル
とりあえず販売予定だった6色+オレンジ。
ステイズオン版(リボン)と比較しながら細かく見ていきます。

白黒比較
黒と白はパッと見違いがないように見えますが、完全にムラのない不透明色にチェンジしました。
素材がプラバンなので透明感はありますが、基本的に背後は透けません。
簡単に言えば、より黒らしく、より白らしくなった感じです。

赤比較
一番変化が大きいのは赤です。
ステイズオンだとシックな感じの暗い赤だったのが、ツヤツヤイチゴレッドという感じの明るい赤になります。
同じような色にすることもできるのですが、季節的に明るい方が気分かな、と。

黄色比較
黄色は少し色味が濃くなりました。
ステイズオン版はニスを塗った時に色が少し落ちているので、本来はこのくらいの色味なのですけどね……。

オレンジ比較
オレンジはリクエストもあったし、自分も好きな色なので追加してみました。
以前、試しに作ったものと並べてみましたが、同じくらいの色味ですね。
ここまでの5色は買ってきた色をそのまま塗っています。

紫緑比較
緑と紫は自分で調色してステイズオン版に近い色を作っています。
肉眼だとまだ少し色がずれているので、もう少しいじって色を近づける予定です。
で、新しい着色方法ですが、塗料をアクリジョンというものに変更しました。
ステイズオンの短所の大部分は克服できたと思います。
これについて語るとひたすら地味で長ーい話になるので、別記事で。
アクリジョンでプラバンに着色してみる
気になる方はそちらもお読みください。
プラバンやってる方にとっては結構おもしろいと思います。


[PR]
コメント
あはは!
私もワイヤーやったりしたいのですが、
お金がまわらない・・・ですね・・・。

今度、袋一杯の
プラバンの切れ端見てみたいです。
あれですかね、
ガラスみたいに溶けた感じになるんですかね??
私はどっちもつまみ食いしてるせいでどっちも中途半端になってます(^▽^;)
レジンに封入しようと取ってあるプラバンの端切れがジップ袋いっぱいに溜まっていたり……
  • matori(管理人)
  • 2014/05/01 12:18 AM
おはようございます!

おおー!
凄い綺麗!!

これ、小さいの作ってレジンに
入れ込んだら可愛いのできそうですよね。

プラバン、楽しそうですが、
レジンでいっぱいいっぱいすぎて
手が出せません…_| ̄|○
  • まいこ
  • 2014/04/30 7:09 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック