最近の記事

過去ログ

良かった材料・道具


ビーズとレースのシュシュ


毎回レジンの実験記事ばかりでは能がないので、たまには作ったものを紹介したいと思います。
夏に作ったのでかなーり前のですけど……。
レースとビーズのシュシュ
輪にしたゴムを芯にかぎ針でぐるぐるとレース編みをしていって、テグスに通したビーズを巻きつけて作りました。
貝ビーズを混ぜたりして、夏っぽさをイメージしたデザイン。

シュシュ2重巻
二重にして巻くとこんな感じ。
ビーズを通したテグスはゴムテグスにすべきだったなぁと反省してます。
せっかく芯がゴムなのに、笑っちゃうほど伸びない。
つける時にテグスをぶっちぎりそうで冷や冷やします。
あと、白いゴムを買いに行く手間を惜しんで茶色にしてしまったのもいかんかった。
つけてしまえば髪色の方に馴染むので良いのだけど、ポンと置いた時に白いレースの隙間から茶色がチラチラして、いまいち美しくない……(>_<)

ちなみにまん中の星はレジンで作ってます。
(実験ばかりではないのですよ。ふふふ( ̄ー ̄))
型は↓を使ってます。

パール金属 スイートクロスハート2 シリコーンモールド スターS D-369
クリスマスツリーのてっぺんに飾るような立体的な星ができます。
この形、かわいくて好きなんですけど、アクセサリ用に加工するのはちょっと大変。

セオリー通り、型のふちまできっちり注ぐとこういうゴロッとした形になってしまいます。(↓は横から見た図)
星パーツ横面

かといって、注ぐのを途中のちょうどいい所までにしてしまうと、レジンの性質上、裏面が平らになってくれません。
仕方なく、ペーパーで削って平らにするわけですが、これが結構大変。

あと、製菓用の型の例にもれず、すりガラス調になってしまうので、透明にしたい場合は表面も研磨(もしくはグロスニス)が必要です。
すりガラス調レジンの研磨
(左から加工なし→ネイルバッファ→コンパウンドです。レシートの文字の透け具合に注目。)

一通り加工が終わったものを原型に型を作り直して量産……という夢を抱いてますが、いつになることやら……┐(´-`)┌



[PR]
関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック