過去ログ

良かった材料・道具


パンチしたプラバンどう使う?

先日買い足したパンチでいくつか実験してみました。
何というか、パンチで抜いて縮めるだけで普通にインパクトがあるしカワイイしで、そこからどうする?となるとちょっと悩むのですよね。
まずはいつも通りバングルにしてみました。
パンチ&レジンバングル
フチをエッジセミサークルで抜いて、できたアーチ形の穴にUVレジンを流してステンドグラス風に。
ブラウンとイエローの部分がUVレジンで、中央のグリーンはいつも通りステイズオンで着色しています。
これは普通にアリかなー。
配色やパンチ違いで色々作れそう。

ただパンチの性能の都合上、どうしても材料が厚さ0.2mmのプラバンになるので、厚さ0.4mmのもので作った時と比べるとかなり華奢です。
厚さ比較
(左がいつものバングル、右が今回作ったもの)
特に今回のように穴が大きい模様の場合、強度的なことを考えるとUVレジンを流すのは必須といった感じです。
レジンを流さないとすると、身に着けているうちに何かに引っかけてポッキリいきそうな予感……
穴を残したいなら、引っかけやすいバングルやストラップは避けて、リングやネックレスなどに加工した方が良さそうです。
もう一個は、くるくるリボンです。
くるくるリボン
バングルならガラス瓶に巻きつけて曲げる所を、ガラスの混ぜ棒に斜めに巻きつけて作りました。
思い付きでやったせいでちょっとバッチいですが、方向性としてはアリかなぁ……
レジンで同じものを作ろうとするとかなり骨が折れそうですし、プラバンだからこそできることではありますよね。
もう少し細く短くしてフェイクスイーツに合わせたり、何本か色違いで作ってストラップにしたりするといいかも。


[PR]
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック