過去ログ

良かった材料・道具


エスニックなプラバンバングル(前編の補足)

前編の続きです。
新しく分かったことがあるので、中編に進む前に前編の補足をしたいと思います。

さくっと結論から言うと、このバングルの場合、プラバンを切るのにはハサミを使った方がいいみたいです。
縮めた後の仕上がりがかなり違ってきます。
切り口比較
左がハサミで切ったもの、右がカッターで切ったものです。
ハサミの方がストンとした感じの円柱になっているのが分かるでしょうか?
カッターの方はフチが少し反り返って、フチに塗った金色が見えてしまっています。
反り返りの原因は、おそらく刃を何度も入れていることと、途中で折っていることでしょうね……。
その点、表と裏から押しつぶしながら一気に裁断できるハサミの方が、断面を荒らしにくいようです。

といってもまぁ、反り返るだけなら単に好みの問題なんですが。
本当に問題なのは、反り返り方が一定ではないせいで歪に見えることです。
実際の切り口は縮める時に出る歪みのせいもあって、どちらも0.5〜1mmくらいの範囲で曲がってますし、手で曲げている都合上、どちらも同じ程度に歪なはずなんですが、圧倒的にカッターの方が歪に見えます。
そういうわけで、真っ直ぐに切れるならハサミの方がおススメです。
あともう一つおまけで。
模様に切れるハサミを使って、フチを曲線デザインにする実験もしてみました。
模様ハサミ使用
予想通り、曲がっていても目立ちにくいです。
ほとんどフリーハンドで切っているので曲がっていないはずはないんですが。
これ、エッジパンチなんかも使えるんじゃないでしょうか?
こういうのは紙と同じ感覚で細工できるプラバンならではなので、色々試してみるとおもしろそうです。
ちなみに今回使ったのは、FISKARSのペーパーエッジャーです。

フィスカース ペーパーエッジャー<クラフト用はさみ> 「ビクトリアン」レターパックOK

価格:524円
(2013/9/9 23:58時点)


模様がずれないように切ろうとすると2cmくらいずつしか切れないのが難点ですが、オモチャっぽい割にしっかり切れます。


[PR]
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック