最近の記事

過去ログ

良かった材料・道具


ジャムとニスひとまず結論

JUGEMテーマ:フェイクスイーツ

以前書いた「ストリングジェルメディウムでジャム」の続きです。
あれから別のジェルメディウムも試してみたり、ニスやソフトレジンを塗って耐久実験もして、自分なりに結論が出ました。
1.広い面積のスーパーXにはソフトレジン
手持ちのニスは全滅しました。
どう頑張ってもニスが割れてきてしまって……orz
ニス割れクッキー
マットニスにするとグロスニスよりは多少長くもつんですが、ジャムなのにつや消ししてどうするよという話なのでこれもナシ。
ノーガードならどうだ!と思ったのですが、やたらとホコリに好かれるし、すり傷もつきやすいので×。

最終的に鞄の中での耐久実験までクリアしたのはソフトレジンでコーティングしたものだけでした。
スーパーX+ソフトレジン
ジャムの透明度は高いですし、ちょっとやそっとでは傷ついたり汚れたりしないという安心感があります。
だったらジャム全部ソフトレジンで作ればいいんじゃ……と少し思ってしまうんですが、まぁ、全部レジンにすると高くついちゃうんで節約ってことで。

ちなみにジャムを飾り程度に垂らしただけの別の作品では、グロスニスでも割れが起きていませんでした。
ニスの割れに気を付けなくてはいけないのは、ジャム面積が広い時だけみたいです。
2.ヘビージェルメディウムは表面がツルンとならない
以前の記事でストリングよりは普通のジェルメディウムの方がいいかも?と書いたのですが、ヘビージェルメディウムでやってみた所、表面が凸凹してしまってちょっとビミョーでした。
ヘビージェルメディウムジャムクッキー
よく考えたら、モデリングペーストと混ぜてフェイククリームが作れるくらいなので、結構硬さがある素材なんですよね。
こういう感じでジャムを立たせたい場合にはいいんですが、
角ジャム
今回のジャムクッキーみたいにツルンとさせたい場合にはあんまり向いてませんでした。
3.ストリングジェルメディウムとグロスニスの組み合わせはアリ
この組み合わせが一番値段も手ごろで扱いが簡単ということになりそうです。
メディウム+グロスニス
日常のシーンではかなり過酷な環境である、鞄の中の財布のファスナーチャームにしてしばらく持ち歩きましたが、割れも傷もありませんでした。
ちなみにソフトレジンでも問題なしです。
4.メディウム系が完全に透明になるのには時間が掛かる
以前の記事の段階では濁った部分が残ってしまっていたのですが、耐久実験を終えて改めて見てみた所、かなり透明になっていました。
マーマレードジャムクッキー
before

メディウム+グロスニス
after
このくらいたっぷり盛った場合、濁りが抜けるのに1ヶ月くらいかかるみたいです。
コストは上がりますが、仕上がりを早くしたい場合は、スーパーXとソフトレジンの組み合わせの方がいいです。
まとめると。
どういうジャムを表現したいか、コスト優先かスピード優先かで素材を決めるべし。
選んだ素材とジャムの面積によってコーティングにレジンを使うかニスを使うか決めるべし。
という感じですヽ(・∀・)ノ


[PR]
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック