過去ログ

良かった材料・道具


チョコレートリボンのピンキーリング

JUGEMテーマ:フェイクスイーツ

この間作ったチョコレートリボン、早速リベンジしました。
作り方も改善したし、数をこなしていい加減慣れたので、まぁまぁ見栄えのいいものが作れるようになりました。
ただ、おかげで机の上が予定外にリボンだらけに……( ̄Д ̄;;
作るだけじゃなくて使わねばーということで、1個ピンキーリングに使ってみました。
チョコレートリボンのピンキーリング
もともと考えていた使い道とは違って、完全に思い付きでやったんですが、これは結構アリかも。
指にはめるとこんな感じです。
(はめているカサカサした感じの手のことはサクッと無視してください……)
リング着用イメージ
ちなみに土台のリングも粘土です。
こっちはある程度厚みが欲しいのでモデナにしました。
端を少しずらして、リボンをくるっと巻きつけたようなデザインにしています。
リング裏側
裏からみるとこんな風になってます。
あとはチョコレートの銀紙をイメージして、土台とリボンの一部に↓のメタルシートを貼っています。
商品写真だと真っ黒なのですが、表面を削るとシルバーの面が出てきて、いぶしたような表情をつけられます。
シールタイプなので曲面にも使いやすいです。
4枚入ってるので値段も良心的だと思います。
今回はブラックの方を使いましたが、イチゴチョコやホワイトチョコバージョンを作るなら、ホワイトの方が合うかも。
さらに、樹脂粘土とはいえ、そのままだと強度に不安があるので、全体をUVソフトレジンでコーティングしてあります。
これは前に桜の花びらを作るのにも使ったもので、普通のレジンと違って、ビニールっぽい柔らかい感じの仕上がりになります。
せっかくのリボンの繊細さを活かしたかったのと、デザインの都合上とんがってる部分が多いので痛くないようにソフトタイプにしたんですが……
作業の手順が悪くて、何度もコーティングを繰り返した結果、こってり厚塗りになってしまったので、あまり意味がなかったかも。(厚塗りすると普通に結構固いのです)
次作る時はもうちょっとうまくできるだろうけど、何をするにしても1回じゃうまくいかないなぁ……(〃´・ω・`)ゞ


[PR]
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック