過去ログ

最近のコメント

  • レジンメモ1 片付け方(2液・UV共通)
    ☆茉莉花☆
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    matori(管理人)
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    岩沢絵理子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    プラ子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    ゆん
  • エンボスヒーター買い替えました
    matori(管理人)
  • エンボスヒーター買い替えました
    まぁむ
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    ひろ

良かった材料・道具


内ケースで普通郵便の安全度をアップ

ハンドメイド作品をどこかに送るとなった時に立ちふさがる壁……
それは、梱包(´・ω・`)
アクセサリのような小さいものの場合は普通郵便という選択肢があるわけですが、その場合は自分で梱包を工夫して作品を守らなくてはいけません。
今回はプラバンリボンを発送する時に実践している梱包方法をご紹介します。
といっても、ダンボールで内ケースを作るだけのことなんですけどね(^▽^;)
内ケースパーツ
ケースの底と天井になる大きめの長方形を2枚と壁になる細長い長方形を切り出して、
内ケース組み立て1
内ケース組み立て2
テープでくっつけて組み立てて、
内ケース封筒へ
封筒にぽいっと入れるだけ。
(水濡れ対策として、商品自体はピュアパックに入れるようにしています。)

展開図を書いてしっかりとした箱を作ろうとすると、ある程度の大きさのダンボールが必要になりますが、この内ケースなら長方形をいくつかバラで切り出すだけで良いので気軽に作れます。
一見頼りないですが、組み立てて蓋をしてしまうと結構しっかりしますよ。

自分の場合、ダンボールは家に何か荷物が届いた時に切り出しておくようにしています。
ちなみに使うのは補強で入っている底板や内側に畳まれていた方のフタだけです。
何だかんだで外気に触れていた部分は結構汚れていますし、店名が入っていたりもするので。
あと雨の日に届いた荷物も湿っぽいので避けます。
ケースのサイズは、
底と天井が10×12.5cm、
壁が7.5×2.5cmと11×2.5cmを2枚ずつで、
これでA5の封筒に入ります。

またA5の封筒には2個用の箱もギリギリ入ります。
内ケース2個用
こちらは底と天井が12×15cm、
壁が14×2.5cmを2枚、11×2.5cmを3枚です。

作品が名刺サイズのものであればピッタリのサイズになります。
それよりも小さい場合は詰め物をして、大きい場合は箱のサイズを微調整してみてください。
ただサイズを変える場合、厚みは郵便受けのことを考えるとこれ以上は避けた方が良いかもしれません。
確かポストの受け口の高さが3cmくらいだったので。

また壁パーツは切り出す方向に注意してください。
押しつぶす力に耐えるようにしたいので、辺の長い方の断面にギザギザがくるようにします。
壁の向き
実際に作ってみるとすぐ分かるのですが、逆方向だと強度が落ちてしまいます。
プラバンリボンは最初の頃プチプチでぐるぐる巻きにして送っていたのですが、破損が出てしまって今の梱包に切り替えました。
ダンボールを切り出す手間はあるものの、ほとんどコストを掛けずに普通郵便の安全度をグッと上げられます。
壊れやすいものを安全に安く送りたい!という場合は参考にしてみて下さい。


[PR]
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック