過去ログ

最近のコメント

  • レジンメモ1 片付け方(2液・UV共通)
    ☆茉莉花☆
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    matori(管理人)
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    岩沢絵理子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    プラ子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    ゆん
  • エンボスヒーター買い替えました
    matori(管理人)
  • エンボスヒーター買い替えました
    まぁむ
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    ひろ

良かった材料・道具


エンボスヒーター買い替えました

プラバンを始めてからずっと使っていたエンボスヒーターが最近になって煤を吐くようになってしまったので買い替えました。
酷使してたからなぁ……
固定砲台
同じのを買うつもりだったのですが、たまたま25%引が使える時にユザワヤに行ったら出会ってしまったのです。


温度調節機能がついてるこの子に。
かねてからもう少し温度が低くてもいいなぁと思っていたので、ろくに調べもせずに飛びついてしまいました。
弱120℃と強250℃の2段階調節ができます。
ちなみにもともと使っていた呉竹のヒーターを含めて大体のエンボスヒーターの温度は200〜250℃です。

結論から言うと、行き当たりばったりの無謀な買い物だった割に、大当たりでした。
2月の在庫補充分のリボンは縮めるのも曲げるのも新しいヒーターの弱モードで作業したのですが、ものすごく快適でした。
これからエンボスヒーターを買おうと思っている方、買い替えを考えている方には超おススメです。

文字ばっかりなので詳しい使用感は折りたたんでおきます。
■プラバン縮め作業

一般的にプラバンの縮み始める温度は130℃と言われているので、弱モードの120℃だと少々不安でしたが、問題なく縮められます。
アルミホイルを敷くなど、熱を無駄にしないような補助はあった方がいいです。

というか、縮め作業に200℃以上だと温度高すぎですね。
一瞬で縮む代わりに、すが入ってしまうことも多かったので。
個人的には120℃で縮めたものは何となく縮みきっていないような印象を受けるのですが、むしろ200℃以上の時が縮み過ぎだったのでしょう。
■プラバン曲げ作業

200℃以上での作業と比べると、すぐ冷めて固くなってしまうので少々手間取りました。
……が、全体的には120℃の方がずっと楽です。

・熱くない!
200℃以上での作業は軍手越しでもかなりの熱さを感じるのですが、120℃だとその辺の負担がぐっと減ります。
もちろん熱風の吹き出し口を直に触ったりはダメですが。
曲げるのにピンセットを使う分には、軍手なしでも大丈夫なくらいです。

・塗料がネトネトしない!
着色に使っているアクリジョンが曲げる時に熱でネトネトになるのが難点でしたが、120℃ではネトネトしませんでした。

・感覚で作業しなくていい!
まず上限温度が200℃以上だと、ヒーターが温まるまでにかなり温度差があります。
また最高温度になると今度は高温すぎて作業しにくくなるので、その前に休憩してヒーターを冷ました方が良かったり、とヒーターの調子を感覚で覚える必要があったのですが。
その点、弱モードだと120℃以上にならないので、一度ヒーターが温まったらずっと同じ調子で使えます。

・曲げガイドに当てたまま加熱できる!
以前型取り材で作った曲げガイドですが、120℃だと当てたまま加熱しても大丈夫なようです。

まとめると、熱さやネトネトといった部分に注意を割かずに済む分、曲げることに集中できるのがいいです。
■レジンの気泡飛ばし

こちらも120℃で十分だと思います。
数秒当てるだけでサラサラになります。
表面付近の大き目の気泡は風ですぐ抜けますし、沈んでいる物や細かい気泡もしばらく置いておけば消えます。
反対にこれで抜けないなら、温度というよりよりレジン自体の質や封入したもの、着色料あたりに原因を求めた方が良いかと。
200℃以上の風を当てすぎるとシリコン型などは傷む危険がありますし(実際1個ダメにしたことアリ)、低温で作業した方が安全確実です。
あと今回は試していませんが、本来の用途であるエンボスパウダーも融点は120℃なので、弱モードで大丈夫だと思います。
自分が強モードを必要とするとしたら、グルーの高温用(180℃)を使う時くらいでしょうか。
改めて考えると、家庭でやるちょっとした工作にいつもフルパワー200℃以上だと火力オーバー気味なんですよね。
バーベキューするのに火炎放射器を持ち出してるような。
大規模破壊は小規模破壊を兼ねるというのはファンタジーの世界ですら暴論なので適切な火力というのは大切だと思います。
フィット砲じゃないと命中下がりますし。
冗談はさておき。
ヒーター本体も200℃出そうとするとかなり負荷が掛かっている感がありますし、本体の寿命という意味でも温度調節できるのはいいと思います!


[PR]
関連する記事
    コメント
    コメントありがとうございます!
    せっかく褒めて頂けたのになかなか更新できなくて心苦しい限りです。。。
    更新意欲はあるので、時々のぞいて頂けたら嬉しいです。
    • matori(管理人)
    • 2016/05/08 8:51 PM
    こんにちは〜。リボンがとても綺麗で、たどり着けました。すごくいろいろ試されて、素敵です。またの更新を楽しみにしてます。
    • まぁむ
    • 2016/04/02 4:21 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック