過去ログ

最近のコメント

  • レジンメモ1 片付け方(2液・UV共通)
    ☆茉莉花☆
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    matori(管理人)
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    岩沢絵理子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    プラ子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    ゆん
  • エンボスヒーター買い替えました
    matori(管理人)
  • エンボスヒーター買い替えました
    まぁむ
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    ひろ

良かった材料・道具


アクリジョンのクリアな濃色を楽に塗りたい

大変ご無沙汰しています。
無地&濃い色のリボンで大失敗をやらかして、完全に地面にめり込んでおりました。

濃い色に着色するのにアクリジョンを10回以上塗り重ねていたのですが、いくら1層ずつが薄塗りでもそこまで重ねると、塗料の層はかなり分厚くなってしまうわけで。
それを曲げるために加熱すると、溶けたアメみたいに柔らかくなった塗料があちこちネトネトくっついたり、ピンセットの先端がグニョッと塗料に埋まったりという大惨事を引き起こすのでした(遠い目)
一応、何割かは綺麗に曲げられそうではあったのですが、何となくその後のニス作業で溶けてよれる未来が見えたので、完全に作業をリセットすることにしました。
仮にいくつかニスまでうまくいっても、そんな不安定なものだと今度は経年劣化が心配ですし。
で。
すっかり木端微塵になった豆腐メンタルをかき集めながら考えていたのは、塗り重ねる回数を何とか5回くらいに収めたい!ということ。
そのくらいなら曲げもニスも問題ないことが分かっていますし、何より着色で心が折れないので。
まぁ、そこからが長かったのですが。
色々試してみた結果、明るい色から塗り始めて段々暗い色を重ねる、という方法で7回に収めることに成功しました。
着色成功
↑のパーツはアクリジョンに元からあるクリアレッド2回、自分で調色した濃いクリアレッド2回、濃いクリアレッドに青を足したもの3回の計7回です。
元からあるクリアレッドは2回でしっかり発色するので、それを利用して回数を減らしている感じです。
というか濃いクリアレッドも85%以上が元のクリアレッドなのに、どうしてあんなに発色が悪くなるのやら……
お待たせしてしまって申し訳ないのですが、とりあえずこの路線で仕切り直したいと思います。
ちなみに。
上のやり方に辿りつく前段階で、途中に青を1回塗り重ねるというやり方も試してみたのですが、これは汚い色ムラができてしまって良くなかったです。
着色失敗
↑のような感じでプラバンのフチや窪んだ所に黒っぽいムラができてしまいます。
重ねる色を段々暗くしていくのは、この汚いムラができるのを防ぐためです。


[PR]
コメント
>ゆえさん
コメントありがとうございます。
ネトネトは厄介ですよねー。
私は最近、ピンセット2本持ちで直に触らずに曲げるやり方に切り替えました。
軍手の場合は、親指・人差し指・中指だけでも軍手の上から指サックをつけると、毛の巻き込みをかなり抑えられますよ。
これで長時間作業すると結構しんどいですが……。
冗談抜きで手が痩せます(-ω-;)

>空さん
いつも見て下さってありがとうございます。
それと高校卒業おめでとうございます!
テンプレートの方もうまくいったようで良かったです。
ヘボヘボなブログと管理人ですがこれからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m
  • matori(管理人)
  • 2015/03/09 8:34 PM
更新ありがとうございます!
お疲れ様です!(笑

もう記事を読むだけで大変さが痛いほど分かる気がして…笑
そりゃ何もやりたく無くなりますよね…。・゜・(ノД`)・゜・。
発見や反省の繰り返しですよね…物を作るときって…
私はオリジナルの物を作り出すことが全然できないので本当に羨ましい限りです…私も立体プラバンで何か作り出したいな〜…

高校卒業したのでものづくりに集中します!!笑

また来ますね(=^ェ^=)
  • 2015/03/04 9:28 PM
私も見よう見真似でプラバンリボンを作ってみようと遊んでいるのですが、塗ったアクリジョンに熱を加えるとネトネトしますよね!私も曲げるときにネトネトして軍手の毛を巻き込み汚くなり断念しました…なかなかプラバンの着色は険しいです…
何か他に方法はないかと模索中です!
  • ゆえ
  • 2015/03/02 3:11 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック