最近の記事

過去ログ

最近のコメント

  • レジンメモ1 片付け方(2液・UV共通)
    ☆茉莉花☆
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    matori(管理人)
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    岩沢絵理子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    プラ子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    ゆん
  • エンボスヒーター買い替えました
    matori(管理人)
  • エンボスヒーター買い替えました
    まぁむ
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    ひろ

良かった材料・道具


無地リボン試作品

無理に更新しても1週空く時は空くようです。
これが世界の修正力か……(いいえ、自分のせいです)
前置きはこの辺にしといて。
準備してた無地リボンを色つけて組み立ててみました。
モミの木グリーン
寂しいかもなーと心配してたんですが、完全に無地もアリですね。
金縁も手間がかかってる分捨てがたいんですけども。
とりあえずリクエストを頂いてる完全無地から量産して、金縁をどうするかは後で考えようと思います。
ちなみに無地シリーズはこの緑と同じトーンで赤と青も作る予定です。
というか毎回色を作るので手間取るので、アクリジョン自体はすでにそれぞれ一瓶分ずつ調色してあります。
問題は、この深い色を出すのに塗り重ねの回数が必要なことでしょうか(-ω-;)
今まで作ってきたものの塗り重ね回数は大体3回くらいなんですが、今回は何と10回越えです。
なかなか濃くならなくて途中で不安になったので、こんなサンプルチップを作ってしまいました。
サンプルチップ
左から塗り重ね回数が3回・5回・10回です。
途中で焦って何回か厚塗りしてしまったので、薄塗りだけで仕上げるとなるともっと回数が必要かもしれません。
回数に関しては、もう少し赤を足して明るさを落とせば減らせるかも?とも思うんですが、そうすると漏れなく鮮やかさも落ちるのでなかなか悩ましい所です。
あと、この試作では厚さ0.4mmのプラバンで作るっていうテストも兼ねていたんですけど。
心配していた曲げ心地(変な言葉)はあまり問題ありませんでした。
ただ……
サイズ差
DEKAI。(※紫のは従来版。同じ型紙で作ってます。)
パーツを縮めた時点で何か普段とちょっと違うなーと思ってたんですけど、結構違ってました。
厚さ0.4mmのプラバンの方が全体的に収縮率が低くて、さらに縦横それぞれの収縮する比率も違うようです。
なので型紙を調整しないといけないわけですが、リボンの形は今回の0.4mm版の方が好みだったり。
となると、0.2mmで作るにしても型紙調整したくなってくるという……。
手間とキリの良さを考えると今回の無地シリーズから0.4mmに切り替えた方が良さそうです。


[PR]
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック