過去ログ

最近のコメント

  • レジンメモ1 片付け方(2液・UV共通)
    ☆茉莉花☆
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    matori(管理人)
  • プラバンにステイズオンを使う場合のまとめ1
    岩沢絵理子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    matori(管理人)
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    プラ子
  • アクリジョンうすめ液と逆襲の深緑
    ゆん
  • エンボスヒーター買い替えました
    matori(管理人)
  • エンボスヒーター買い替えました
    まぁむ
  • プラバン用の曲げガイドを作ってみた
    ひろ

良かった材料・道具


無地リボンとかバングルとか進行中

ほとんどタイトル通りですがー。
まず、秋冬向けにシックな色で無地のリボンを準備中です。
ただかなり前に色々試した際、完全に無地だと少し寂しい感じがしたのを思い出して、フチに金の模様が入ったバージョンも試作しています。
金縁リボン
模様は消しゴムはんこで、インクは久しぶりのステイズオン。
しばらく放置実験しましたが、ステイズオン→アクリジョン(クリア)→Mr.クリアーの塗り重ねは、どうやら問題なさそうです。
縮める前の模様入れはステイズオンが一番キレイに仕上がるので助かりました。
あと、今回の試作では実験ついでに厚さ0.4mmのプラバンで作ってみてます。
今まで厚さ0.2mmのプラバンで作っていたのは曲げやすさやリボンっぽさという理由も大きいのですが、それ以前の問題として0.4mmだと細長いパーツを縮める時に失敗する確率が高かったためです。
その問題がバングルの作り方の改良をする過程で何とかなりまして、晴れて試作できる段階になったわけです。
リボンの形に組み立ててみて問題ないようなら0.4mmに切り替えるつもりです。
切り替えられれば少しは頑丈になるので、加工の幅も広がるんじゃないかなー、広がったらいいなーと夢想中。
ちなみにバングルの方の改良ってのはコレ。
簡易オーブン
パッと見は謎物体ですが、簡易オーブンです。
箱状にした段ボールの内側をアルミホイルで覆い、箱の側面に空けた穴からエンボスヒーターで熱風を送り込んで中を全体的に熱する仕様。
写真のは短い箱ですが、長い箱と連結してB4縦の長さまで入るようにできます。
そう。
バングルを作る際に最大のネックになっていたのは、B4縦の長さをそのまま使うバングルはウチのオーブンに入らないという点でした。
それを解決するためにエンボスヒーターの熱風を「直接」当てて縮めていたのですが、これがキレイに縮めようとすると神経使うわ時間もかかるわ、その反面仕上がりは安定しないわで……(-ω-;)
エンボスヒーターの熱風って指向性が高くて、曲げてリボンを作るとか部分的に熱したい時にはすごく便利なんですけど、広範囲を均一に熱するには向かないんですよね。
1年前はそれでも夢中になって作ったんですけど、今からやるとなると少々、いやかなり……いや絶対にやりたくない……!
ということで色々考えたり試したりした結果できあがったのが、この名状しがたい箱のようなものなわけです。

そしてその成果がコレ!
簡易オーブン成果
以前のやり方ではこのくらいの真っ直ぐな棒を作るだけで大仕事だったのですが、この簡易オーブンを使うと30秒から1分くらい熱して、ちょろっと歪みや反りを補正してあげるだけ。
切実に1年前の自分に教えてあげたい。
「お前は人生を無駄遣いしている。今すぐ段ボールで箱を作れ。そして内側にアルミホイルを貼るのだ。」と。
なお、普通のオーブンより中が狭いので、細長いものを縮める際に起きやすい、縮みながらニョロニョロのた打ち回って団子状になる事故も起きにくいようです。
リボンを厚さ0.4mmのプラバンで試作できるようになったのはこのおかげです。
まぁ、そんなわけでリボンと並行してバングル作りも再開していきますのでー|・ω・)ノ

※簡易オーブンを試される場合は火傷などに十分お気を付け下さい。プラバンが縮むくらいなので130度にはなります。


[PR]
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック