過去ログ

最近のコメント

良かった材料・道具


在庫切れ分の改良とか

リボンですが、無地版の失敗をモリモリ取り返しつつ、同時に在庫切れしている分の改良を進めてます。
改良点としてはまず、主な素材を無地版と厚さ0.4mmのプラバンに切り替えたので、少し耐久度が上がります。
所詮はプラバンなので大したことはないのですが、多少は雑に扱っても大丈夫な感じになります。
それに伴って重さも0.5gアップして1.8gくらいになります(金具抜き)。
垂れ下がるタイプではないのでそれほど重くは感じないと思います。
それと全体的な形のバランスが少し変わったので、模様の入り方を調整しています。
しましま改良版。
しましま改良版

無地版の着色テストしたパーツで試作したので、違う色になってますが水玉の改良版。
水玉改良版
しましまの方は本当に微調整レベルですが、水玉の方はやや思い切って大きめの水玉に変更しています。
せっかく無地版を作るなら、いっそ模様入りの方はカワイイ系に振ってしまおうと思いまして。
ちょうどミニリボンの方の目途もつきましたし。
ミニリボン
模様入りがいいけどあんまり目立つのは困るのよ、という場合はこちらを選んで頂くのが良いのではないかとー。


[PR]

リボンとレースなイヤリング&ピアス台紙

うっかり4/1の更新になってしまって動揺しています。
エイプリルフールとかやらないですからーーーーー………!

ということで面白みも何もないことに本当の話なんですが、プラバンリボンのイヤリング&ピアス用に台紙を作りました。
やっとここまで辿りつきましたよ……。
春色リボン

クラシックリボン
ここまでやっといて何なんですが、白黒は曲げ具合が、グリーンはニスの後に出てしまった色ムラがそれぞれ気になるので、今回は販売に回さないかもです。
それはさておき、デザイン。
せっかくリボンなので、だまし絵風にリボンが結んであるようなオトメチック☆デザインにしました。
ピアスはこのままブスッと刺せばいいんですけど、イヤリングはどうやって金具を通すか考えないと。
ちなみに名刺サイズ(55*91mm)です。
リボン台紙アップ
白い部分は普通紙で、パソコンで印刷して上下をレース模様のボーダーパンチで抜いてあります。
ボーダーパンチ様様ですね。
普通紙だと台紙にするにはペラペラすぎるので、リボンの色に合わせたマーメイド紙を重ねています。
微妙にマーメイド紙とプリントアウトしたリボンと色があっていないのはご愛嬌で。
紙の色はどうしても選択肢が限られるので、本当は紙を買ってきてから色合わせして印刷をするべきでした……。
そしてロゴはあと2mmは上の方が良かったし、さらに言うなら箔押しってヤツをやってみたかったし、それはやり過ぎとしてもスタンプ作ってエンボスすれば良かった……!と色々と思う所はあるのですが、これ以上パッケージに手間をかけても仕方がないので次ロットでリベンジしたいと思います。

それにしても。
カッターを一回入れるだけでスッと切れるなんて、紙って素晴らしいですね!
ここしばらくプラバンの曲線切りばっかりして荒んだハートと指関節が癒されました。
たとえ湿気を吸って縦目にたわもうとも紙様と崇め奉りたい。そんな気持ち。


リボン量産あとちょっと

去年からイヤリング・ピアス用に作り続けていたリボンがようやく揃いそうです。
とりあえずカラーは6色にしました。
春色リボン
クラシックリボン
春っぽい3色(上)とクラシックな3色(下)です。

本当は春といったら桜のピンクを入れたい所なんですけども。
ステイズオン・ミディのピンクはプラバンに使うと、どうにもフューシャっぽくなったり、チープな感じになったりでイメージに合わないので断念しました。
もう少し赤よりのピンクがあるとよいのですが……。
残りのパーツはただいまこんな感じ。
リボン部品
さくさく組み立てますよー。
それにしても量産って大変ですね。
定期的にフリマに参加してらっしゃる方とかホント尊敬します。


プラバンリボンをイヤリングに

2013年最後の更新になります。
プラバンリボンのカラバリを模索しつついくつかイヤリングにしてみました。

まずは散々ビビっていた白水玉と透明色の組み合わせ。
白ドットの水色リボン
……普通にアリでした。
もっと早く再チャレンジすれば良かったです(゚∀゚)
着用イメージ
着けるとこんな感じです。
派手といえば派手だけど、悪目立ちするほどではないかな、と思います。
あとは色と模様(とコーディネイト)しだいかと。
そんなわけで大人しめの配色でも作ってみました。
白リボンと紺色リボン
白の方は前にも作ったことがある組み合わせですが、これ一番着けやすいんじゃないでしょうか。
服も季節も選ばない感じです。
右は模様は金、下地はミッドナイトブルー(透明色)です。
同じドットでもカッコいい感じになるようにしてみました。
ただ完全に冬の配色なのが難点。
まだまだ寒いですけど、クリスマスを過ぎると自然と目が吸い寄せられるのって、春っぽい色の方になる気がするのです。何となく。
あと加工はしてないですけど、ストライプの別色も作ってみました。
白ストライプバリエーション
模様はどちらも白で、下地は左がクラレット(透明色の赤)で右がバイブラントバイオレット(透明色の薄紫)です。
白で模様を入れるとかなりくっきりしてしまうので、下地も対抗できるようにはっきりした色の方がいいのかなーと思ってたんですが、淡い色でもキレイです。

で、この辺でそろそろ組み合わせを試すのは一旦、打ち止めにしようかと。
年末年始でちょっと腰を据えて白ドットと白ストライプのシリーズで量産したいと思います。
1色につき5個くらいずつ……できるかなー……。
そんなこんなで来年もヨロヨロとがんばりますのでよろしくお願いいたしますm(_ _)m


ソーダと星のイヤリング(イエロー系)


先週から加工していたプラ板パーツをまたイヤリングに仕立てました。
ソーダと星のイヤリング(イエロー系)
あんまりそうは見えないものの、今回は星多めです。ジャランジャランです。
下地がクリア+模様、というパーツが多かったので、全部の星にしっかり色がついていたイチゴソーダバージョンと同じ数だとちょっと寂しい感じになってしまいまして。
結局、バランスを見ながらいくつか残すつもりで準備していたパーツをハート以外全部ぶら下げることになってしまいました。
面取り完了
アクセントにするつもりだったハートをどうするかは最後までかなり悩んだんですが。
混ぜると確かにカワイイものの、どうにもアクセントが効き過ぎて星パーツの印象を食ってしまうように感じたのでやめにしました。
小さい星と同じくらいのサイズだったらアリだったかも。

ちなみにつけると、こういう風になります。
着用イメージ
動いたり、見る向きが変わったりすると、また違った感じになります。
暗い所ではソーダ玉がちょっと光ったりもしますし、なかなかおもしろい一品に仕上がったと思います。


イチゴソーダと星のイヤリング


ピンクのソーダ玉とプラ板で作った星を組み合わせてイヤリングを作りました。
イチゴソーダと星のイヤリング
ポップに!かつ涼しげに!!がテーマ。
イチゴソーダってメロンと違って「これぞイチゴソーダ」という分かりやすいイメージがないので結構悩んだんですが、今回はこういう形に落ち着きました。
星は別のチェーンにジャラっとつけてあるので、向きや動きで見え方が変わります。
ジャラジャラしてるものの、素材がプラ板なので重くはないです。
重さに関してはソーダ玉がやや重めなので、うまくバランスがとれたと思います。
ちなみに金具はマットシルバーで揃えました!……と言いたい所なんですが、ヒートンだけ普通のシルバーです。
幸いあまり目立たないものの、作った本人はココだけシルバーってことが分かってるので気になる……(>_<);
マットシルバーに限らず、マットゴールドもピンクゴールドも他の金具は大体揃ってるのにヒートンだけないんですよねぇ。
とはいえないものは仕方がないので、次に作る時はピンバイスで開ける穴を小さくしておいて、太めの9ピンをヒートン代わりに使ってみようかなーと考えてます。


リボンとビー玉のイヤリング

イヤリング新作です。
リボンとビー玉のイヤリング
ビー玉がクリームソーダと同じサイズなので、存在感はありますが、落ち着いた色合いでまとめたので、今回は両耳で普段使いできる感じになってます。
そう、もともとチョコリボンはこれを作るためのものだったのです。
ピンキーリング作ったりして何だか遠回りしてしまいましたがー。
単品だと、そぼろ?とか思ってしまったビー玉パーツも組み合わせるといい感じです。
ええ、計算通りですとも。
ホッとなんてしてませんヨ(; ̄з ̄)〜♪
(ビー玉の中の粘土玉が、もとはブリオンを粘土で自作できないか実験の失敗作なのは内緒のひみつ。)
ちなみに次はこの貝印の型で作ったダイヤパーツでイヤリングを作りたいなぁと考え中です。
貝印ダイヤパーツ
チョコリボンと組み合わせて合うのは確認済みなんですが、似たような感じになってしまうので、もう少しひねりたい……(´−`)


貝印 HeartForYou シリコーンマルチトレー 16個取り ジュエリーハート&ダイヤ FP-5364


クリームソーダイヤリング


クリームソーダボールの試作品のうち、比較的出来がいいものを選んでイヤリングに加工しました。
クリームソーダイヤリング
粘土で作って中に封入したいと思っていたチェリーですが、代わりに赤いガラスビーズをあしらってます。
続きを読む >>


1